×
HOME>注目記事>全日制高校では受けられない教育を受けられる
授業

登校スタイルや授業内容は自主性に任せる

全日制の高校に比べて、千葉の通信制高校の場合には自主性を尊重した自由なカリキュラムの中で得意分野を伸ばしていくことが可能です。カリキュラムは興味や関心、それに、将来の目標に合わせて自分で組み立てることができます。また、全日制高校と大きく異なる点は、毎日登校する必要がない点です。自主性を尊重する新しい形の高校なので、登校スタイルも自分で決められます。登校日数を減らす代わりにレポート提出に変えることができるため、空いた時間を利用してアルバイトに励んだり、将来の目標につながる習い事に力を入れたりと自分の時間を作ることが可能です。通信制高校の強みは、過去の学校生活について一切不問だということにあります。中学時代は不登校であまり学校に馴染めなくても、それについては一切問われないので、新たな自分として歩み出せます。

有名大学への進学も視野に入れた教育

グローバルな人材を育てることに力を入れている千葉の通信制高校では、有名大学への進学も盛んです。英語に特化した授業に力を入れ、海外留学の経験を単位に変えることができるため、全日制高校では行なうことができないような新たな教育が受けられるのです。マルチメディアを積極的に導入していて、授業は学校だけでなくスマートフォンなどの身近な端末からも利用できるので、必ずしも学校への登校を必要としません。高校への登校スタイルも自分で決めることができることから、自宅での自主学習にも力を入れることができます。有名大学への進学実績があり、AO入試対策などにも力を入れています。大学への進学を考えた場合、通信制高校はそのノウハウも有しているので、新たな選択肢になりえるのです。

広告募集中